訪問者別メニュー
 
 お問い合せ







 
各種証明書は下記より
ダウンロードしてください。
 
トップページ > 校長室 

教育スローガン:「精神一到」 ~人間力の向上~

      

(意味:精神を集中して努力すればなにごともかなわないことはない)


 本校2年目を迎えます第20代校長 松山大治(まつやま だいじ)と申します。
 昭和37年4月の開校以来、58年目を迎えており県内公立高等学校最大規模を誇る、7学科24学級全校生徒956名が通う工業高校です。
 本校の校訓は「技術者たる前に、まず人間たれ」です。「個々の独自性を活かし、使命感を持った、自己の仕事を愛しそれを育て、卒業後社会人として人間形成をしていかなければなりません。くじけそうになったとき、叱咤激励してくれる職員がいます。求めてやまない積極性となせばなるの根性を身に付けている大村工業高校の卒業生ならそれができる。」初代校長である 江島 勝一 校長先生の思いが込められた校訓となっています。
 本校の卒業生の数は16,540名となり、国内はもとより海外で活躍する卒業生も増えています。昨年度一年間だけで20名の卒業生に海外で働くための証明書を発行しました。企業のグローバル化が進み、海外勤務も身近なものとなりつつあります。
 今年のスローガンは「精神一到」~人間力の向上~としました。AI人工知能やインターネットで繋がるIOTの時代だからこそ、人間として、人間にしかできない思いやりや優しさなど、他への配慮ある行動ができる力を育てます。また、工業高校として、地域と連携し生徒の育成に望み、ふるさとを愛する工業人の育成を目指しています。
 昨年度の卒業生は315名でした。その進路状況は就職が、233名(74%)、公務員が28名(8.9%)、進学は52名(16.5%)、自営他が2名(0.6%)就職では、順調な景気に支えられ、11月上旬には全員の内定が決定しました。また、進学でも長崎大学・佐賀大学の国立大学を始め、有名私立大学へ、さらなる専門の勉強をするため進学しました。
 大村工業高校は、「資格取得」「ものづくり」「多様な進路」そして「部活動」で生徒の夢を叶える学校です。
                               長崎県立大村工業高等学校長
                                            松山大治

                                                
 

 

 

 
当ホームページに掲載した画像、テキストその他のデータの著作権は特に付記がない限り、長崎県立大村工業高等学校が所有するものです。掲載データの無断複製、改変、転載等を禁じます。
長崎県立大村工業高等学校 〒856-0815 長崎県大村市森園町1079-3 TEL.0957-52-3772[事務室] TEL.0957-52-3773[職員室]
Copyright 2011 Omura Technical High School.All rights reserved.